pairsで梅田の外資系のバリキャリと即日をホテルに行った話

今回はPairsで外資系やり手ウーマンと即日、ホテルに行ってきた話。

 

外資系勤務と言うと、激務のイメージだが、それは会社によるようだ。

今回会った女性は超ホワイト外資に勤めていた。

家賃は会社から8割支給、仕事内容は営業だが2~3時間かけていく割には相手先と話をする時間はたったの5分。

基本的に商品が売れるのはわかりきっていて、形の営業でかなり楽らしい。

もちろん、ほぼ残業はなし。

しかも、空いた副業でアパレル系のオーナーを任されているんだとか。

和風魚介系居酒屋でデート

4月某日に難波の鯛之鯛で居酒屋デート。

鯛之鯛は魚介系居酒屋だが、オッサン臭くなく、イタリア料理でも出てきそうな内装。

 

相手はいわゆるバリキャリで仕事一本で頑張ってきたようだ。

出世で上のポジションの仕事に邁進してきた結果、かなりの高給取りになったよう。

服も結構洒落てる。

しかし、仕事一筋だったせいか、彼氏と自然消滅しまうことが多く、アラフォーになってしまったらしい。

直近の元彼とは家デートを4回もしていたらしいが、相手も自分も恋愛には不得手だったこともあり、うまくHの流れにいけなかったらしい。

このままではいけないと、ホワイト系の外資に転職するも、手元に残ったのは金だけしか残らず、心に穴が空いているのだった。

 

俺とのトークは最初の方こそ、冷めた感じだったが、仕事の話から歴代彼氏の話になった途端に、デレデレしだした。

エロい話には免疫がないのか、あまり積極的には話さないが、関心はある様子。

その様子はバリキャリというよりも思春期の女子のようだった。

 

俺は和んできたので、ガッツリ切り出した。

 

俺「やっぱり、女の人って大きい方がイイんですかね?」

バリキャリ「え、うん、何が?」

俺「うんってとこをみると、大きい方がイイだね。エロいなー。」

バリキャリ「は?知らない知らないwwそうなのかな?w」

 

口は拒否しているが、広角は上がり、明らかに食らっている状態。

俺はなにも聞いていないのに、自分が最近仕事で成果を出していることや、副業でも複数のスタッフをまとめて、増収増益していることなどをベラベラ話し出した。

よく男が女に「自分の価値が高いこと」を見せつけるために、金持ちアピールする構造に似ている。

こうなれば、主導権は完全にこっちのもの。

 

会計を済ませ退店。

ラブホテルに直行

「じゃあ、二件目いこうかー」と言って、ホテルに直行。

グダはなし。

 

ラブホテルの受付のおばさんが不在で1分ほど待たされたが、ラブホテルの内装の話や結構混んでいる話などをした。

 

ホテルの会計を済ませ、部屋へ。

扉を閉めるなり、キス。

ここでもグダはなし。

 

そのまま、ベッドで朝を迎えた。

 

pairs3

Pairsに今すぐ登録する

コメント

タイトルとURLをコピーしました