withで美人受付嬢を難波のホテルで即った話【外大の女の子は股が緩い説】

with(ウィズ)

今回はマッチングアプリ「with」でマッチングしてデートをしたその日にHした話をした体験談を紹介する。

その女の子の関西の某外大の女の子で、英語と韓国語がペラペラ。

現在は受付嬢としてのんびりとしてゆるふわホワイトな生活をしている。

外大の女の子は学生時代、留学してビッチになる子が多い印象。

というのも、欧米に留学して白人とヤって、性に奔放になりやすい。

この子も例にもれず、外国人とH経験から性に目覚めたようだ。

 

彼女は、過去に韓国人と付き合ったことがきっかけで、韓流アイドルが大好きになったとのこと。

元彼が韓国人で韓国の芸能人にハマるパターンの女の子は本当に多い。

この子は、韓国が好きな女の子ということもあり、韓国料理を食べに行くという話になった。

韓国料理屋で下ネタトーク

1軒目は「ハラペコ食堂」に行った。

韓国料理で有名なチュクミーが食べたかったが、寒かったので、テッチャン鍋の飲み放題コースをオーダー。

一杯目はビールで乾杯。

急な突き放し、軽いキレ、誉め、おちゃらけ、誠実などいろんなキャラを放り込んで、女の子の感情を刺激。

元彼の日本人、中国人、韓国人、アメリカ人の話を聞きだす。

彼氏の国籍がバラエティ豊かなのが、さすが外大と言った感じ。

 

聞き出した内容は以下の通り。

  • どういう経緯で付き合ったのか?
  • どういうデートをしたのか?
  • 日本人とどういうところが違ったのか?
  • 夜の営みはどうだったのか?
  • モノの大きさは日本人と比べてどうだったのか?

 

ここまで聞くとさすがに、和み距離も縮まった。

ただ、ハラペコ食堂はテーブル席なので、手つなぎや密着はできない。

ダーツバーで手つなぎに成功

2軒目はダーツバーBEE。

BEEは吉本新喜劇の近くの「なんばオリエンタルホテルダオーレ」の2階にあり、ホテル街にも近い。

ちなみになんばオリエンタルホテルダオーレ3FにはHUBも入っている。

 

ダーツバーBEEはカウンタ―席に密着して座れるため、ダーツ以外にも「ジェンガ」や「黒ひげ危機一髪」「五目並べ」等で遊ぶことも可能。

ダーツが得意でない人も女の子と距離を詰められるので、オススメ。

ただ、本音を言うと、こういったゲームで女の子との距離を詰めるのは本質的でない。

BEEに行かないと女の子と距離が詰められないし、ゲームが好きじゃない子と距離が詰められない男になってしまう。

そのため、あまりBEEに依存せず、女の子を攻略していきたいところ。

 

とはいえ、かなり距離は詰められた。

ダーツはゼロワン、クリケット、カウントアップを1巡し、その後ジェンガ、黒ひげ危機一髪でかなり和んだ。

正直この時点でデームズはかなり酔っぱらっていたので、支離滅裂な事を話していたと思う。

その後、BEEを退店し、下りのエレベーターでキス。

グダはなかった。

出会ったその日にホテルでH

下ネタトークも事前に完了していたこともあり、BEEを出てホテルに直行。

正直、難波は詳しくないので、迷いそうになったが、なんとかホテルに到着。

「HOTEL TRAD Replay(ホテルトラッドリプレイ)」という日本橋から徒歩1分の場所にあるデザイナーホテルにイン。

ドアを開けて扉を閉めた瞬間に彼女にDK。

相手は照れた様子だったが、グダはなし、そのままベッドにダイブし、揉みしだき。

5分ほど、イチャついたところでシャワーに。

シャワーはデームズが先に入り、その後に彼女。

彼女がシャワーを浴びているときに歯を磨いて体制を整える。

彼女と入れ替わりでシャワー室に入り、口をゆすぎ、準備完了。

 

彼女とのペッティングタイム。

お口のサービスがすごく、ふわっふわ。

やはり、外大は日本人だけでなく、外国人も扱っているので、口のサービスがうまい。

ただ、下のお口はガバガバで締まりがなかったのが残念。

上記はTRADで次回使える割引券。

200円だけだが割引してもらえるようだ。

反省点

金も時間も勿体ないので、1軒目からホテルインできるように、早めに「下ネタトーク→手つなぎ」まで持っていきたい。

また、アポった場所の周辺のホテルの位置を覚えておく必要があるなと反省。

コメント

タイトルとURLをコピーしました