マン臭事変の意味は?クサマンの原因と治し方を解説

女性に対して悪い意味でマン臭事変という言葉を使いますが、一体どういう意味でしょうか?

気になりますよね。そこで今回は、マン臭事変の意味についてとその原因と治し方について紹介します。

別記事ではグロマンの意味は?彼女のグロマンを治して美マンにする7つの方法を解説について紹介しています。

マン臭事変の意味は?

女性のデリケートゾーンが臭っている

マン臭事変とは、女性のデリケートゾーンがかなりの悪臭が漂っている状態を言います。歴史で習う、「満州事変」という出来事とかけています。

マン臭は「女性器の臭い」、事変は「最上級に臭う」を意味しています。どれくらい臭うかと言うと、下着を脱がした瞬間に悪臭が部屋に蔓延する位で鼻を近付けられません。

因みに、最上級でなくとも悪臭を放っている状態を「クサマン」と言います。

マン臭事変・クサマンの女性の特徴7選

では、マン臭事変・クサマンの女性にはどんな特徴があるのか?

ここでは特徴を6つ紹介します。

手マンの時の臭いが強烈

手マンの時の臭いの素は、女性が興奮した時に出す膣内の分泌腺から出る分泌液が手に付くからです。基本的に分泌液は無臭なので、染み出た時に陰部の悪臭が移ったことになります。

すそわきが

すそわきがとは陰部のわきがで、わきがと同じアポクリン腺から出る汗が原因で臭います。特に女性の陰部は通気性が悪くて蒸れやすく、臭いが強調されやすいので他の部位よりも悪目立ちして臭います。

因みにこのアポクリン腺ですが、陰部や脇以外に耳の穴や乳首の周りにもあると言われています。玉ねぎやクミンなど、スパイスっぽい臭いがするのが特徴。

不潔・洗っていない

女性器は以下の構造上、洗わず不潔にしていると雑菌が繁殖して悪臭がします。

  • 様々な器官が内側で密集している
  • 皮膚同士が密着して通気性が悪い

洗いが甘いと垢や付着物が溜まって雑菌の温床にもなりやす位です。クリトリス包茎だと、皮の隙間に汚れなどが溜まって特に臭いやすくなります。

放置すると、チーズのような臭いがしてきます。因みにこの時の臭いですが、未経験の女性にも多いので別名で処女臭とも言われます。

洗い過ぎている

石鹸は、膣の汚れを取るものではあるのですが洗いすぎると、有益な善玉菌も殺して自浄作用を弱めてしまいます。

その結果、膣内を清潔に保てず雑菌が繁殖したり炎症が起きたりして、悪臭を放ちます。

おりものがついている

おりものは子宮や膣が発する分泌液が混ざった集合液で、健康であれば悪臭の原因にはなりません。しかし、疲れやストレスなどでホルモンバランスが崩れると、強い臭いを放つ場合があります。

それが垢や汗などの付着物と混ざって悪臭を放つ場合があります。

パンツを洗っていない

汚れや臭いが残るパンツを長時間履くと、雑菌が繁殖します。パンツで繁殖した雑菌が陰部にも移り、悪臭となります。

特にパンツに年季が入っている程、臭いが強烈になります。また洗っても生乾きだと、これも雑菌が繁殖する理由になるので気を付けましょう。

性病

性病になると、膣内で雑菌や細菌が繁殖するので臭いの素になります。

女性は性病になっても自覚症状はありませんが、免疫力自浄作用も弱まっています。

その為、他の要因に比べて臭いが強烈です。

  • 腐った魚のような臭い
  • 魚の死体が集まった臭いがする
  • ドブの臭い
  • ブルーチーズのような臭い

例えは色々ありますが、吐き気を感じる程の強烈な悪臭なら、性病の可能性が高いです。

体臭がキツイ

アポクリン腺が人より多いと体臭がキツくなりますが、キツさに拍車をかけるのが以下の2つの要素。

  • 偏った食生活
    (乳製品や肉など動物性タンパク質、ネギや生姜やカレーのように香辛料が中心の食事は特に臭いやすいです)
  • 運動不足

上記の要因が重なると新陳代謝が悪くなり、老廃物が蓄積します。蓄積物が汗に含まれる常在菌と皮膚表面で結合して、悪臭を放ちます。

特に太っている女性は汗をかきやすいので、体臭がキツくなりがちです。

毛深い

女性器を覆うアンダーヘアは、以下の理由で臭いの原因になりやすいです。

  • 分泌物や排泄物が付着しやすい
  • 付着物が蓄積しやすい

毛深ければアンダーヘアの量も多くなり、蒸れやすくもなるので臭いを放ちやすくなります。

マン臭事変・クサマンを治す方法5選

では、デリケートゾーンの臭いを治すにはどうするのが良いでしょうか?

治す方法を5つ紹介します。

【パイパン】アンダーヘアの処理をする

通気性が良く蒸れにくくなり、分泌物などが付着しにくいので臭いがかなり和らぎます。また洗いやすくもなるので、手入れが楽になります。

全部剃ってハイジーナにするのが理想ですが、下着からはみ出ない程度に短く切り揃えるだけでも大丈夫です。

衛生を維持する

  • 清潔な衣類を身に付ける
    (特に直接肌に当たる下着は気を付けて)
  • 正しく洗う
    (専用の石鹸やソープを使うのがおすすめです。スポンジなどは使わず指先で性器の外を優しく洗って下さい)
  • 通気性を良くする
    (レース生地の下着は通気性が悪いので、綿製のタイプがおすすめです)

上記の点に気を付け、デリケートゾーンの衛生を維持して下さい。

溜まった垢や付着物、通気性の悪さが臭いの原因になるので、正しい方法で落して衛生的にすれば悪臭はなくなります。

生活習慣を見直す

以下点に気を付けて生活習慣を見直して下さい。

  • バランスが整った食事
    (野菜が多く摂れて全体的にあっさりしている、和食が特におすすめです)
  • 疲れやストレスを溜めない
    (溜めるとホルモンバランスの乱れに繋がります)
  • 充分な睡眠を取る
  • 適度に運動する
    (積極的に歩いたり、階段を使うなど日常生活の中で動作を増やすだけで大丈夫です)

デリケートゾーンの臭いは、生活習慣やホルモンバランスの影響を大きく受けます。

これら2つの乱れを正せば、新陳代謝が良くなり悪臭も改善します。

インナーブラン・デリケート・インティマを使う

デリケートゾーンの臭いを消すには以下の製品がおすすめ。

  • インナーブラン(デリケートゾーンにワンプッシュして臭いを消します)
  • デリケート(デリケートゾーン専用シート)
    (もし無ければ膣内の環境に近い弱酸性の汗拭きシート、究極はお尻拭きでも代用できます。ただし自浄作用を維持する為に、拭き過ぎには注意しましょう)
  • インティマ(アロマバス)
    (使い方を必ず守って下さい)

通常のお手入れに加えるだけで、男性の好感度が上がります。持ち運びできるミストやシートは、臭いが気になった時やセックスの直前に使うとより効果的です。

産婦人科を受診する

臭いの原因が解り、正しい対処法も教えてもらえるので安全星が高く確実な方法です。改善されない時や気になる時は、勇気を出して受診するのも1つの手段です。

その他に気を付ける点

ここまでで紹介した他にも、以下の摂取や行為も控えて下さい。

  • マルチビタミン
    (主成分であるビタミンB類は、必要以上に摂ると尿で排出されるので、良い効果が薄れます)
  • 抗生物質
    (善玉菌も死滅させるので、逆に雑菌が繁殖しやすくなります)
  • 食後のセックス
    (食後は代謝が良く、汗をかきやすいので臭いの原因になります)

上記のどれかが当てはまる場合、避けるだけでも臭いは改善できます。

【まとめ】マン臭事変・クサマンの確認方法

今回はマン臭事変の意味と、クサマンの原因と治し方について解説しました。自分のパートナーに「くさい」と言われると心配に感じるかもしれませんが、改善は難しくはありません。

また、パートナーがいない方で自分の膣ににおいがあるかわからない場合は、直接自分の指を膣に入れてチェックしてみてください。指の1.5関節くらいまで入れ、おりものを救い上げる感じで確認し15分程放置。すると、いつ湿潤物質が消えて純粋なにおい物質が消えるのでオススメです。

日常の小さな注意の積み重ねで、しかも手軽にお金をあまりかけずに改善できます。臭いをケアして、素敵なセックスライフを送って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました